TOP
52.46score

裏技君_

スポンサーOvertex

Proof of etc.

本日は暗号通貨で使われている色々な証明を見て行きましょう。

ーProof of Work(PoW)ー
みんな大好き仕事証明。ハッシュ関数のレア度を競って採掘する奴です。前回書いたのでシステム説明は割愛します。51%以上の採掘者が悪意のある攻撃を仕掛けると、PoWの仕組みが破綻してしまいます。
主な通貨:ビットコイン ライトコイン ドージコイン モナーコイン etc

ーProof of Stake(PoS)ー
仕事証明の次によく使われているPoSです。採掘者は自分の持っているコインの割合に応じて発言権が与えられ、報酬が支払われます。採掘に参加していないノードは報酬を受け取れません。PoWと違い、ほとんど電気代が掛からない所が魅力的です。その特性から、これらの通貨に対して流通量の51%以上を購入して破壊すると宣言し、その購入に掛かる価格分の金銭を見せびらかして脅すと、安易に恐慌状態に陥る可能性があり、運用するにはそれなりの時価総額のあるコインでないと危ない、と見るのが一般的です。PoSとPoWの同時運用によって、両方のリスクを削り取ろうとする通貨も多いです。また、PoSの初期配当のためにPoWを利用することもよくあります。
主な通貨:ringo ピアコイン イーサリアム クマーコイン etc

ーProof of Importance(PoI)ー
採掘者の持っている暗号通貨量と取引量を掛け合わせた評価値によって採掘管理が行われます。参加していないノードは報酬を受け取れません。PoSの弱点である51%購入のリスクを減らせます。またNEMに関しては、取引量を意図的に増やすいたずらに対して、評価値が上がらない工夫を行っています。
主な通貨:ニューエコノミームーブメント(NEM)のみ

ーProof of Existence(PoE)ー
これは採掘技術ではなく、ビットコインのブロックチェーンを応用した派生アプリケーションです。自分の持っているファイルのハッシュデータを、自分のビットコインアドレスからブロックチェーンに書き込むだけで、そのファイルがその時間、そのビットコインアドレスの持ち主が所持していたことを証明出来ます。この証明は暗号、数学的な堅牢さで守られており、改ざんがほぼ不可能となります。これは、そのハッシュ値を持つデータを後から作成することが困難だからです。やろうと思えば12億無量大数分の1の確率で作れます。
主な通貨:ビットコイン

ーProof of Burn(PoB)ー
価値の元となる他の暗号通貨を使用不能にし、その枚数分だけ別の暗号通貨が発行されるシステムです。見た目は両替に似ていますが、PoBによって手に入れた通貨は、元の通貨に戻すことが出来ません。
主な通貨:カウンターパーティー

.

最終更新日:2016-03-26 15:43

コメント (0)