TOP
53.90score

裏技君_

スポンサーOvertex

暗号技術入門を読もう

暗号通貨からちょっと話題が逸れますが、暗号技術入門という本について、楽しいポイントとか読み応えのある所などを紹介します。

暗号技術入門 第3版 | 結城 浩 |本 | 通販 | Amazon

Amazonで結城 浩の暗号技術入門 第3版。アマゾンならポイント還元本が多数。結城 浩作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また暗号技術入門 第3版もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

こちらの入門書、2003年から存在するとても由緒正しい本なのですが、昨年の秋頃に第三版となり、ビットコインについての技術的知見を4ページほど、そしてビットコインの公開鍵暗号に使われている楕円曲線暗号について数ページほど、前者はすごく分かりやすく、後者はちょっと分からないけど、一応読めるような気がするくらいまでにかみ砕いて説明してくれます。
読んだ感想ですが、一般的な書籍と違い、著者のハイテンションがこちらに伝わってくるかの様な錯覚に陥いるほどノリが軽いです。読んでて全くストレスを感じません。それでも暗号技術についての要点だけはシッカリと記述されています。
専門的な数式や概念はほとんど書かれていません。記号的な概念図がちょっと出て来るだけ、もしくはスケールを小さめにした概略図を出し、これがスケールして大きくなるとこういう暗号になるんだよ、と諭すような内容になっています。

読了時間は6時間ほどです。買って届いた瞬間「うっ…この分厚さは読み切るのに一週間はかかるな…」って思いましたが、内容の読みやすさもあって完全に杞憂でした。一度読み始めると読み終わるまで止まりません。
(本のレビューに似た様な内容の物がありますが、それ私のレビューなので気にしないで下さい)

暗号通貨がなんやかんやと話が進んでる中、暗号についての根本的な情報を分かりやすく補強してくれる良い教材でした。
一冊3000円と教科書みたいな値段になっていますが、暗号について全くの素人な方に是非読んで頂きたい一冊です。

.

最終更新日:2016-03-21 13:33

コメント (0)